富士青龍水のウォーターサーバー比較

2013年8月29日 09:20 / カテゴリ:[ FX人気 ]
0 Comment & Trackback

富士青龍水は、50種類を超える自然のミネラル成分が入った天然水です。
注目を集めているバナジウムなどもたっぷり摂れ、硬度25と富士山の水では最小の軟水ですから、日本人の口にあったまろやかなおいしさを楽しめます。

富士青龍水は、富士箱根伊豆国立公園という採水地より、203mも地下から弱アルカリ性の天然水をくみ上げています。

最高水準の品質を誇っている証しとして、富士青龍水は非加熱での販売が認められています。
除菌作業を行っているウォーターサーバーは、保健所の安全基準値を下回っている水なので、販売許可を受けられるように加熱殺菌などの必要がありますが、そのままで基準をクリアしているからこそ、販売許可が下りているのです。

富士青龍水が他のウォーターサーバーと異なる大きな特徴として、サーバーを買って自分のものにできるということがあげられます。
レンタルのウォーターサーバーが多く、一見お得な印象を受けるのですが、水を注文しない月には500円~1,500円を請求されるということがあり、それを避けるために余分な水を買うはめになるということがあるようです。
これでは精神的に負担を感じますし、お得だと思っていたのに逆に不経済になりかねません。

富士青龍水のサーバーは、月々525円もしくは一括で25,200円のいずれかを選ぶことができます。
ウォーターサーバーによっては、毎月のレンタル料がもっと高いところもありますので、比較すると富士青龍水の方がお得といえるでしょう。

購入するということは、他人が使ったものではなく新品が届き、ずっと自分のものにできます。
購入しているので、利用をやめたときに一切解約手数料がかかりません。
故障が発生したときは、メンテナンスを受けることができます。